Chromeのセキュリティ強化

Chrome の HTTP 接続におけるセキュリティ強化に向けてという日本語訳記事がGoogleDevelopers Japanで公開されました。

今度はシークレットモードでHTTPページにアクセスすると、おせっかいにもアドレスバーに「Not secure」と表示される、というものです。

皆さん、まだあわてなくても大丈夫です。
あくまで、「シークレットモードで」アクセスした場合です。
Chromeをお使いの方の大部分はシークレットモードをご存じではないのではと思います。
Chromeだけでなく、IE、Safari、Firefoxなどの主要ブラウザには、参照したサイトのクッキーやキャッシュ、履歴情報をパソコンに保存しないようにするモードが備わっています。
これは、ログイン情報やプライバシー情報をパソコンに残さないことで、セキュリティを高めるための機能です。

セキュリティを高めたいからシークレットモード使っている、という人はアドレスバーでプロトコルぐらい確認するかと思うのですが、そうではないのです。

これは、記事中にもあるとおり、

最終的には、シークレット モードではないときも、すべての HTTP ページに対して「Not secure」警告を表示する予定です。

というGoogleの野望への途中段階なのです。

最終的にはChromeではHTTPサイトに接続できなくなるか、接続する際には「接続してもいいですか?」とかいう許可を求められるようになるのではないでしょうか。

楽天市場

Amazon.co.jpアソシエイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)